トップへ
ネットワーク討論広場


10月1日 東京都檜原村に集おう

公共サービスとしての郵便局の役割と地域社会

  全国1048の集配郵便局を対象とする集配・貯金保険事務の外務作業の集約化が9月11日よりさみだれ的に開始されました。

  地元自治体の根強い反対運動が続いている地域では「延期」の措置が執られているものの、郵政事業の毛細血管ともいえる外務作業の集約化は、公共サービスとしての郵便局全国ネットワークの「死」をもたらしかねません。
  民営化・分社化がもたらす公共サービスの地方切り捨て、格差社会の拡大を問い続けなければと思います。

  東京都では、島を除けば檜原村の唯一の郵便局=檜原郵便局が対象となっています。東京の西のはずれ、南北秋川に沿う長閑な山村で、東京都民の「故郷」として、観光客はもとより社会教育の場として子供たちが集い、山村ボランティアも多く訪れます。
  檜原村も全国の山村と同様、過疎化・高齢化が進み、郵便局は地域住民の「ライフライン」として大きな役割を果たしてきました。その郵便局の外務作業が、お隣あきる野局に集約されようとしています。局間距離は16q、時間にして車で30分以上です。
  日本郵政公社は「現状のサービスを維持する」と地元には説明していますが、果たしてそんなことが可能でしょうか?

  街で暮らす市民と山村の住人と、そして郵便屋さん。膝をつき合わせ考え、交流する場を設けました。郵便配達のフィールドワークも考えています。

是非、声を掛け合い集いましょう。

 日時 10月1日(日)12:30 JR五日市線武蔵五日市駅集合
                        西東京バス&車で送迎
              13:00 檜原村役場前集合
                        ※昼食を済ませて集合願います
  会場 檜原村福祉センター
  交流・シンポジウム 13:30〜15:00頃
  ☆ 講演:近隣の特定郵便局長のお話
  ☆ 地元住民のみなさんのお話
  ☆ 郵便局員からの報告
  ☆ その他

  フィールドワーク  15:00〜17:00頃
  郵便配達「困難」地域を訪れ、住民のみなさんとの交流など
  集約交流会    17:00〜18:00頃

【連絡先】 郵政民営化を監視しする市民ネットワーク事務局
Tel:03-3862-3589
mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp


   ・〒113-0001東京都文京区白山1-31-9 小林ビル3F  ピースネット気付
       ・TEL:03-3813-6492   ・FAX:03-5684-5870(アタック宛)



Copyright (c) 2005 Tadano Dave. All Rights Reserved.
(Web Master 多田野 Dave mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp