トップへ
ネットワーク討論広場


郵政民営化を問う

 516(日) 郵政民営化を監視する市民ネットワーク第6回総会 &

市民集会

保坂展人氏

 元衆議院議員
 元日本郵政ガバナンス検証委員会委員
 参院選比例代表・社民党予定候補者

 郵政問題で竹中平蔵氏は、「郵政は民営化されたのだから、国があれこれ口を出すのはおかしい」とテレビで言い続けたが、西川体制の中で起きていた
ことは民間会社ではありえないほどズサンだった。

ブログ「保坂展人のどこどこ日記」から


 その功罪と郵政改革法案の是非は

* 4 月2 0 日、郵政民営化見直し法案の骨子が発表されました。
  これまで、「郵政改革の基本方針」の閣議決定( 09年10月20日)から「郵政改革素案」( 10年2月8日) 「郵政改革法案の骨格」(同3月24日) と発表されてきた内容には、実はどれも民営化そのものを見直すということは一言も触れられていませんでした。
  結局は小泉―竹中の民営化路線を引き継ぐもので、その修正を施すような内容にしかなっていないのではないか。私たちはそう考えます。
  私たちは郵政事業を公共事業として「市民公社」といった形で再建するよう提言してきました。
  今法案の骨子には、郵政事業はまた市民の手からは滑り落ちるのではないかという危うさを感じざるを得ません。
  郵政事業を市民・社会の手に取り戻すために、私たちは再々度皆さんと政府方針について検証してみたいと思います。

  会場:神保町区民館2階洋室
  時間:13:30〜17:00

 【集会予定】

第一部
ポスト  郵政民営化を監視する市民ネットワーク第6回総会
   ―年間活動報告及び第6期活動方針―

第二部
 西川善文、民営郵政の実態を暴く
 講師:保坂展人

第三部
 提起&討論
 市民のための郵政事業とは
  *社員の半数に及ぶ非正規社員化がもたらした「郵政ワーキングプアー」の問題
  *ゆうちょ銀行・かんぽ生命、事業資金の行方はどうなる
  *ユニバーサルサービスの保証はどこまで、「ゆうちょ」は?「かんぽ」は?
  *街の郵便局の統廃合問題、郵便局は本当になくならないのか
  *もう一つの郵政改革は可能だ!民営事業から市民公社へ
(会場を変えての交流会も予定しています)

*集会報告:伝送便ホームページで


   ・〒113-0001東京都文京区白山1-31-9 小林ビル3F  ピースネット気付
       ・TEL:03-3813-6492   ・FAX:03-5684-5870(アタック宛)



Copyright (c) 2005 Tadano Dave. All Rights Reserved.
(Web Master 多田野 Dave mailto:tadanodave@densobin.office.ne.jp